毒草一覧次の花
エンゴサク


中国原産のものをエンゴサクで、和のものにはジロボウエンゴサク、ヤマエンゴサク、エゾエンゴサクとあります。鎮痙(胃腸の痙攣を鎮める作用)としての漢方薬とされています。春に淡紅紫色の花をうつむきぎみに咲かせます。


毒草名  エンゴサク(延胡索)、ピッチリ、コリダリス
学 名  Corydalis yanhusuo W. T. WANG
特 性  ケマンソウ科 キケマン属、多年草
花 期  4〜5月
仲 間  ジロボウエンゴサク(Corydalis decumbens PERS)、ヤマエンゴサク、エゾエンゴサク、チョウセンエンゴサク
毒部位  塊茎
成 分  プロトピン(Protopine)、コリダルミン(l-Corydaline)、コプティシン(Coptisine)、デヒドロコリダリン(Dehydrocorydaline)、テトラヒドロパルマチン
症 状  腹痛、嘔吐、下痢、呼吸麻痺、痙攣


 



-------- ジロボウエンゴサク --------



ヤブや雑木林にうじょうじょ自生しています。


-------- エゾエンゴサク --------





-------- 斑入りヒマラヤエンゴサク --------

 



-------- ヤマエンゴサク --------

 





≪MEMO≫
・延胡索:塊茎を煮て日干ししたもの。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS